長崎県理学療法士協会の新しいホームページにようこそ!!

地域包括ケアシステムについて

  • HOME »
  • 地域包括ケアシステムについて

・「病院、施設」から「地域、在宅」へ

超高齢化が進んでいく中、国が整備を進めようとしているのが、『地域包括ケアシステム』です。これは、自分が住み慣れた地域で、医療・介護などのサービスを一体的に受けられるようにすることを目指しているものです。このシステムでポイントとなるのが、在宅での医療・介護面の体制づくりです。政府は、おおむね30分以内に必要なサービスが提供できる環境を目指しています。住まいを中心に様々な医療、介護、社会保障サービスを効率的に利用し、地域とともに支えあい、自分(たち)で生活ができるよう支援するための仕組みなのです。

 

・地域包括ケア実現に向けて
%e5%9c%b0%e5%9f%9f%e5%8c%85%e6%8b%ac%e3%82%b1%e3%82%a2%e3%82%b7%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%a0

 

・日本理学療法士協会リンクより

①理学療法士が担うことのできる役割を紹介するリーフレット

「理学療法士がまちの元気を支えます!」

②取り組みなどの概要説明と、奈良県生駒市での介護予防事業の事例紹介する動画を公開

【動画】「地域で活きる理学療法~地域包括ケアシステムの構築に向けて~」

③地域包括ケアシステムに向けた人材育成

地域包括ケアシステムに関する推進リーダー制度

お気軽にお問い合わせください。

PAGETOP
Copyright © (公社)長崎県理学療法士協会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Scroll Up